会社設立>>会社設立手続きの流れ
資本金の振込
 
 資本金を振込む場合は、以下のような注意点があります。
 
 (1)公証人による定款の認証日以後(認証日と同じ日でもよい)、発起人の預金口座に振り込んでください。もし、間違って、定款の認証日前に、資本金の払い込みをしてしまった場合は、いったん、引き落として、再度、定款の認証日以後、振り込んでください。
 合同会社の場合は、定款の作成日以後、代表社員の預金口座に振り込んでください。
 
 (2)入金の仕方ですが、面倒でも通帳に発起人(振込み人)の記載が残るようにしてください。つまり、単なる入金ではなく、発起人の名前が記載されるように、振り込みをしてください。
 合同会社の場合は、社員の名前が記載されるようにしてください。
 
資本金の入金
 
 (3)発起人が複数いる場合、発起人1人を選び、その発起人の口座に、それぞれの発起人が振り込んでください。
 例えば資本金100万円で、発起人Aが80万円を引き受け、発起人Bが20万円を引き受け、発起人Aの口座に入金することにします。この場合、発起人Aの口座に80万円の残高があったとしても、新たに発起人Aも自分の口座に80万円振り込んでください。また、発起人Bも、20万円を振り込む時に、銀行の振込手数料を差し引いて、発起人Aの口座に振り込むようなことはしないでください。
 合同会社の場合は、上記、発起人と書かれているところを社員と読み替えてください。
 

   
 会社設立用語 | 公証役場 | 法務局 | 法令 | 会社法 |